肌のバリア機能は保湿で守る|アトピーの痒みを消す手段

悩み

時短に有効な次世代化粧品

エアーファンデーションは手軽に美しい仕上がりとなることが特徴で、次世代ファンデーションとして注目されています。ファンデーションを霧状にして吹き付けることで、微粒子となったファンデーションが毛穴まで入り込み密着します。但し、エアブラシの取り扱いに慣れることや、長く使うにはメンテナンスが必要となります。

肌に優しい自然の恵み

オーガニックコスメは自然の力で肌本来の力を引き出し美しい肌を作ってくれるものですが、アレルギーがある人はオーガニックコスメに含まれている成分でアレルギーを引き起こしてしまったり、肌トラブルを起こす危険性もあります。成分のチェックはオーガニックコスメであっても大切なポイントです。

時短でお化粧をする方法

普段仕事をされている方にとって、朝しっかりメイクをするとなると時間がかなりかかってしまう場合が多いので、どうしても朝はバタバタをしてしまうことが多いです。そこで簡単にメイクを行う方法として時短ケアが人気になっています。

おすすめ関連リンク集

  • アトピー肌におすすめ保湿化粧品はこれ!

    アトピーで保湿の効果をしっかり発揮しておくことが大切です。炎症によるかゆみや痛みを軽減できるようにじっくり選んでおこう。

肌の水分保持の必要性

肌の水分保持で症状緩和

アトピー性皮膚炎は、アレルギー体質になりやすい人や肌のバリア機能が低い人に見られる皮膚疾患です。この疾患の対策方法の一つに保湿が挙げられ、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどが効果的だと言われます。肌の乾燥やひび割れ、痒みを初めとしたアトピーの症状は本来肌にあるべきバリア機能が壊れ多様な刺激に敏感になることで発生すると言われます。健康な皮膚に回復するためには保湿が必須になり、セラミドを初めとした成分は肌の奥まで浸透してバリア機能の修復に努めます。化粧水やクリームの使用で肌の水分保持を目指すことができ、入浴後が効果的です。しかしこれらの製品で肌質が向上できたとしても、同時に洗浄力の強い石鹸やシャンプーを使うと回復できないので注意が必要です。

水分保持にも種類がある

アトピー患者にとって保湿のための商品選びは大切であり、肌が敏感なので添加物や界面活性剤の刺激に反応して痒みや炎症を悪化させる恐れがあります。保湿材にも種類はあり、前の文章で紹介したヒアルロン酸やセラミドは肌の表面や角質層で水分を抱え込む働きを持ってます。アミノ酸やグリセリンも同様の役割を担いますが、肌に使用することで外気にある水分を吸収することで潤うメカニズムを持ってます。その為空気中の湿度が低い場合は効果が薄いので注意が必要です。この他ワセリンも水分保持としてアトピー患者に処方されることが多いです。ワセリンは肌に塗ることで元から備わってる水分蒸発を防いだり、外部から異物が侵入するのを防ぐ効果があります。こうしたメカニズムが異なるので、自分の症状に合わせた水分保持が大切です。